脂肪肝を改善するための食べ物は?肉はOK?炭水化物は?

脂肪肝を改善するための食べ物は?肉はOK?炭水化物は?

脂肪肝を改善する時に、現在のところ効果的な薬はありません。
そこで基本的には食事療法や運動療法を行って改善していくことになります。

 

また、アルコール性の脂肪肝を患っている人の場合は、アルコール量を減らしていくか、禁酒する必要があるので覚えておくと良いですね。

 

 

脂肪肝の改善に厳しい食事療法は必要?

初期の脂肪肝を食生活から改善したい場合、特別にこれをしないといけないという制限はありません。
基本的には栄養のバランスが取れた食事を行うことを心がければOKです。

 

肝臓の症状が悪化してしまうことで、特別な食事療法が必要になるケースも出てきます。
脂肪肝は、症状が軽い内に改善していくようにしたいですね。

 

 

脂肪肝を改善するための食べ物はなに?

脂肪肝を改善していく為の食事の前提として、油脂を控えるようにすることが重要になります。
油をカットすることでカロリーカットにも繋がりますので、まずは揚げ物やこってりした料理は避けるようにしましょう。

 

タンパク質は食べていい?

タンパク質というと多くの方はお肉を連想すると思いますが、肉を中心とした食事をするとコレステロールを増加させてしまいますので、肉食をするのなら脂身の少ない赤み肉にすると良いでしょう。

 

肉の代わりに摂取したいのがです。
特に青魚に含まれるオメガ3系脂肪酸は、コレステロールを改善し、中性脂肪を減らす働きが期待できます。

 

脂肪肝を改善するための食べ物は?肉はOK?炭水化物は?

 

炭水化物・糖質は食べていい?

他に気をつけておきたいこととしては、炭水化物を減らすことです。
炭水化物を摂取し過ぎてしまうと血糖値の過剰な上昇を引き起こし、上がりすぎた血糖値を下げるためにインシュリンというホルモンが大量に分泌されることになります。

 

インシュリンは、別名肥満ホルモンとも呼ばれていて、上昇した血糖値を下げる際に身体への中性脂肪の蓄積を促進してしまう働きがあります。
炭水化物を食べる場合は、なるべく白米や食パンなどの精製されたものを食べるのではなく、雑穀米や黒パンなどの精製されていないものを選ぶようにしましょう。
その方が、血糖値の上昇が緩やかになります。

 

また、なるべく野菜や魚を食べた後に炭水化物を食べることでも血糖値の急上昇を防ぐことが可能です。
食べる順番も工夫しましょう。

 

 

基本的にはダイエットをするのと同じ要領で食事をしていくと良いですね。
ただ食事の量を制限するよりも、消費カロリーを増やすために運動も同時に行うとさらに効果がアップします。
運動をするのなら有酸素運動がお勧めです。

 

 

 

⇒ メタボ解消プログラムで脂肪肝を治すのページに進む

 

⇒ 脂肪肝サプリメントのTOPページに戻る