脂肪肝になる3つの原因

脂肪肝になる3つの原因 アルコール・食べ過ぎ・糖尿病

脂肪肝は今や国民的な疾患の1つで、現代人の3人に1人は脂肪肝であるとされています。

 

糖尿病や高血圧を初めとした生活習慣病の1つに数えられており、会社の健康診断などでも脂肪肝に気をつけてと言われる人も少なくありません。
しかし、脂肪肝になってしまっても自覚症状がありませんので、特に注意を受けたとしても気にしない人がほとんどです。

 

そして、脂肪肝は肝臓に脂肪がついてしまうだけの疾患ではありません
肝臓についた脂肪が増えていくと、肝細胞を破壊してしまう恐ろしい疾患に進行してしまいます。
健康診断で脂肪肝と診断されたら、しっかりと対処するようにしましょう。

 

 

脂肪肝になる3つの原因

では、脂肪肝にはどのようにしてなるのかと言うと、大きくは3つの原因があるとされています。

 

1つはアルコールの過剰摂取、1つは食べ過ぎが原因の肥満、もう1つは糖尿病です。

 

脂肪肝になる3つの原因 食べすぎ・アルコール・糖尿病

 

基本的に肝臓はエネルギーを作り出して全身に供給する役割を持っているのですが、使用量を超えて作り出したエネルギーは中性脂肪として蓄えられることになります。
この蓄えられた脂肪が脂肪肝の元になるのです。

 

 

アルコールの過剰摂取が原因の脂肪肝

脂肪肝を代表する原因であるアルコールの過剰摂取は、アルコールを摂取し過ぎることによって肝臓の処理能力を超えてしまうことで起こります。

 

アルコールそのものが脂肪酸となって肝臓に蓄積されるのですが、そこからさらにアルコールの摂取を続けてしまうと、肝細胞が破壊されてしまいます。
幹細胞が破壊された状態が肝硬変です。
そこまで行くと命の危険性が出てくるので、注意が必要です。

 

 

食べ過ぎが原因の脂肪肝

過食による脂肪肝の場合は、上述したよるに全身が消費するエネルギーよりも肝臓がエネルギーを作り出してしまうことで脂肪が蓄積されるケースのことになります。

 

 

糖尿病が原因の脂肪肝

糖尿病の場合は、インスリンの分泌が低下することによって、肝臓で中性脂肪が多く作られるようになります。

 

つまり、糖尿病であることがすなわち脂肪肝を起こすリスクになるわけです。
脂肪肝と糖尿病は表裏一体ともいえる存在ということですね。

 

脂肪肝が糖尿病を引き起こすこともあり、お互いに不関係を持っているのが特徴になります。

 

 

 

⇒ 脂肪肝になるとどんな症状が現れるのかのページに進む

 

⇒ 脂肪肝サプリメントのTOPページに戻る