アルコールが原因の脂肪肝とお酒の良い飲み方・良いおつまみ

アルコールが原因の脂肪肝とお酒の良い飲み方・良いおつまみ

アルコールの過剰摂取が原因となって起こる脂肪肝を患っている人は少なくありません。
アルコール性脂肪肝の場合は、肝硬変などの重篤な症状にいたりやすく、基本的にはアルコールを避けた食生活をしていくのが一番です。

 

しかし、会社勤めをしていると、どうしてもお酒を飲まないといけない場面も出てきますよね。

 

 

脂肪肝にならないためのお酒の量は?

そうした時に、なるべく肝臓に負担をかけずにお酒を飲むにはどうすれば良いのかと頭を悩ませる人も少なくありません。
肝臓に負担をかけにくいお酒の飲み方なのですが、まずは自分の身体にあった適切な量を知ることが大切です。

 

アルコールが原因の脂肪肝とお酒の良い飲み方・良いおつまみ

 

一般的にアルコールの摂取は日本酒ですと1合までとされており、ビールなら500mlの缶一本分程度の量が適量になります。
しかし、実際にはアルコールを分解する力は個人差も大きいので、先ずは自分がどの程度を飲めるのかときちんと把握しておくと良いでしょう。

 

 

お酒のおつまみにはタンパク質を

アルコールの影響は飲み始めてから30分〜1時間後くらいに出るので、1時間後に自分の体調がどう変化をするのかを確認しておくと、自分の限界量を知ることができます。
ただし、飲みすぎてしまってはまったく意味がないことも覚えておいて下さい。

 

また、アルコールを摂取するのならたんぱく質の食事と組み合わせることで、肝臓の働きを高めることができます。
何故ならば、肝臓はアルコールの分解をするために、大量のタンパク質を消費するためです。

 

その消費したタンパク質を補給するためには、魚料理や脂身の少ない肉料理などを中心に、卵料理や豆類などを摂りながら飲むようにして下さい。
ビールのおつまみとして知られる枝豆ですが、こうした脂肪肝対策から見るととても優秀なおつまみだと言えるでしょう。

 

 

 

⇒ 内臓脂肪を減らせば、脂肪肝も改善?のページに進む

 

⇒ 脂肪肝サプリメントのTOPページに戻る