お酒を飲むことが脂肪肝につながる?

アルコールが原因の脂肪肝 症状の特徴と飲酒量の目安

脂肪肝とは、その名の通りに肝臓に脂肪がついてしまう疾患のことです。

 

そもそも肝臓を構成する物質の3分の2は脂質なのですが、脂肪肝になると肝臓に中性脂肪が増加してしまいます。
この中性脂肪の増加が、様々な症状を発してしまうというわけです。

 

そんな脂肪肝になってしまう原因の一つが、アルコールです。

 

 

分かりづらい脂肪肝の症状

脂肪肝そのものにはほとんど自覚症状がなく、重度の脂肪肝になってくることで、身体のだるさや食欲不振などの症状が出てきます。

 

しかし、これらの症状は脂肪肝独特の症状ではないので、単純に身体が疲れてしまっている時の不調と区別がつきにくいため、発見が遅れがちです。

 

お酒を飲むことが脂肪肝につながる?

 

また、脂肪肝になることで、肝細胞が炎症を起こしてしまう肝炎になりやすく、特にアルコールが原因となっている脂肪肝の場合は肝硬変へと進行しやすくなるので注意が必要です。

 

アルコールが原因となる脂肪肝のことをアルコール性脂肪肝と呼んでおり、他の原因による脂肪肝と区別されています。

 

 

アルコール性脂肪肝のリスクが高まる飲酒量

アルコールを摂取すると、なぜ脂肪肝になるのでしょうか?

 

肝臓にはアルコールを分解する働きがあるのですが、この分解する働きは限度があります。
肝臓の処理能力を超えるアルコールを毎日摂取していると、肝臓は休まずその分解を続けていくことになり、やがて許容範囲を超えた分のアルコールは、一時的に脂肪に変えて蓄積するようになります。

 

その結果、脂肪肝となってしまうのです。

 

1日におよそ日本酒にして3合程度(ビール大瓶3本程度)の晩酌を毎日するといった方は、ほとんどが脂肪肝を患っていると考えても良く、それだけ肝臓に負担を強いていると言っても良いでしょう。

 

 

 

⇒ 食生活から脂肪肝を改善する!のページに進む

 

⇒ 脂肪肝サプリメントのTOPページに戻る