高血圧と脂肪肝の関係は?改善するには?

高血圧と脂肪肝の関係は?改善するには?

脂肪肝とは、全身で消費しきれなかったエネルギーが脂肪に蓄積された状態のことを表します。
つまり、脂肪肝である人は肥満である可能性が非常に高いと考えられるわけです。

 

そして、肥満と大きな関係を持っているのが高血圧です。
肥満というキーワードを介して、脂肪肝と高血圧には大きな関係があるということですね。

 

 

高血圧になってしまう原因は様々なものがありますが、基本的に肥満になることで起こることが多いです。
肥満とは、先ほども書いた通りに、脂肪を体内に蓄積している状態にあります。
この脂肪を蓄積した状態というのは、血液中にも脂質が多くなっていて、血液がドロドロになっている可能性が高いのです。

 

高血圧と脂肪肝の関係は?改善するには?

 

血液がドロドロになってしまうと、当然ですが心臓は血液を全身に行き渡らせるために強く動かないといけなくなります。
そしてその分、血管を通る血液の圧力も高くなってしまいます。

 

 

その結果、高血圧の症状を引き起こしてしまうわけです。
脂肪肝になっているということは、高血圧を引き起こす1つのバロメータであると考えて良いかもしれません。

 

事実、脂肪肝を患っている人の多くは高血圧も発症しており、いずれが先かは解りませんが、脂肪肝と高血圧には深い関係があると考えて良いでしょう。

 

脂肪肝と高血圧を改善するには

このケースの脂肪肝や高血圧を改善するには、ダイエットをして肥満状態を解消することが最適です。

 

ダイエットの際は、特殊な方法を使う必要はありません。
低脂肪、低カロリーの食事を心がけるようにして、有酸素運動を中心に適度な運動を行うように心がけると良いでしょう。

 

また、肝臓に良い食品を意識して摂っていくのも重要です。
牡蠣やしじみ、あさりなどの魚介類を初めとして、クエン酸を含む梅やレモンなども効果的な食材になります。

 

 

 

⇒ 脂肪肝は肥満の人がなるの?のページに進む

 

⇒ 脂肪肝サプリメントのTOPページに戻る