脂肪肝は肥満の人がなるの?NAFLDとNASHの違いと対策

脂肪肝は肥満の人がなるの?NAFLDとNASHの違いと対策

脂肪肝の代表的な原因の1つが、食べ過ぎなどによる肥満です。
肝臓にはエネルギーを作り出し、貯蔵するという働きがあるのですが、身体で消費する以上に作り出されてしまったエネルギーは脂肪として肝臓に貯蔵されます。

 

これが脂肪肝の原因となるわけです。

 

 

基本的には、摂取したカロリー以上に、運動をするなどして消費すれば問題はありません。
しかし、年齢と共に身体が必要とするエネルギーは少なくなっていきますし、仕事などが忙しくて運動をする時間がないとい理由で、摂取した以上のカロリーを消費することは困難になってきます。

 

脂肪肝は肥満の人がなるの?NAFLDとNASHの違いと対策

 

通常の状態であっても肝臓にはうっすらと脂肪はついているものなのですが、消費カロリーが少なくなってエネルギーが余ってくるとそのあまり分は肝臓に貯蔵されます。
貯蔵された脂肪の量が多くなってしまうと脂肪肝と呼ばれる状態になってしまうわけですね。

 

つまり、脂肪肝とは脂肪を沢山蓄積してしまっている状態のことですので、当然ですが肥満を引き起こすと考えて良いでしょう。

 

脂肪肝以外にも、肥満になることで高血圧や糖尿病など他の生活習慣病を引き起こす可能性が高くなるので、注意しておくことが重要です。

 

 

NAFLDとNASHの違い

NAFLDやNASHという言葉をご存知でしょうか?
ここまで説明してきた、アルコールが原因ではない脂肪肝にかかわりの深い言葉ですので覚えておきましょう。

 

NAFLD(ナッフルディー)とは?

NAFLD(ナッフルディー)とは、非アルコール性脂肪肝疾患の別名です。
ここまで解説してきたような、食べ過ぎなどによる肥満が原因の脂肪肝のことを表す言葉です。

 

 

NASH(ナッシュ)とは?

NASH(ナッシュ)とは、非アルコール性脂肪肝炎の別名です。
NAFLD(ナッフルディー)の症状が進むと、肝臓の炎症や線維化を伴ったNASH(ナッシュ)へと進行する可能性があります。

 

NASH(ナッシュ)がさらに進行すると、肝硬変や肝がんへと進行する恐れがあります。

 

 

NAFLDの対策

NASHはNAFLDが進行した状態です。
ですので、NAFLDと診断されたら早めに対策を行い、NASHへと進行させないことが重要になります。

 

具体的なNAFLDの対策としては、ともかくダイエットをすることです。
原因が過剰なエネルギーを溜め込んでいることにあるのですから、そこを解消すれば自然と脂肪肝の状態も改善されていきます。

 

その為には、カロリーの高い食事は制限し、適度な運動を継続していくことが地道ですが一番の近道になるでしょう。
食事が不規則な方や偏食気味の方は、サプリメントなども上手に利用しましょう。

 

 

 

⇒ お酒を飲むことが脂肪肝につながる?のページに進む

 

⇒ 脂肪肝サプリメントのTOPページに戻る