内臓脂肪を減らせば、脂肪肝も改善?測り方・食事・運動

内臓脂肪を減らせば、脂肪肝も改善?測り方・食事・運動

脂肪肝を改善していくには、内臓脂肪を減らすことが大切です。
内臓脂肪とは、内臓の周辺や透き間に蓄積される中性脂肪のことで、男性につきやすいタイプの脂肪になります。

 

一般的に女性は妊娠することもあるので皮膚の下につく皮下脂肪がつきやすいとされていて、男性は上述したように内臓の周囲に脂肪がつきやすいとされています。

 

 

内臓脂肪と皮下脂肪 減らしやすいのはどっち?

この内臓脂肪と皮下脂肪ですが、比較すると内臓脂肪の方が減らしやすいとされています。
それは新陳代謝がも関係していて、内臓脂肪は増えやすいのもありますが、減らしやすくもあるのです。

 

内臓脂肪を減らせば、脂肪肝も改善?測り方・食事・運動

 

基本的に脂肪肝も内臓脂肪の1つと考えることができますので、内臓脂肪を減らしていくと、脂肪肝も改善されていきます。
その為にも現在の自分がどのくらい太っているのかを確認することが大切です。

 

本来なら医療機関でCT検査をすることが一番良いのですが、簡易的にチェックできる方法があるので紹介しておきます。

 

 

内臓脂肪の測り方

内臓脂肪の測り方、それは腹囲を計測することです。
内臓脂肪が溜まると、お腹周りの腹囲が上昇します。
一般的に、男性なら85センチ以上、女性なら90センチ以上が内臓脂肪型の肥満を見分けるための数値とされています。

 

 

内臓脂肪を減らす食事と運動

では、どうすれば内臓脂肪を減少させることができるのかというと、基本的には食事と運動です。

 

食事についてはお腹が空いたときに食事を摂ることを心がけて下さいね。
特にお腹が空いていないけれどと食事を摂っていると、余分に中性脂肪が作られることになります。
基本的に低カロリー、高たんぱくの食事をするようにすると良いですね。

 

また、運動に関しては有酸素運動を行って下さい。
脂肪を燃焼するには効果的な運動となるウォーキングや軽めのジョギングなどを続けると良いでしょう。
筋トレなどの無酸素運動は、その運動自体では脂肪を燃焼させません。
心拍数が上がりすぎない程度の有酸素運動が、一番脂肪燃焼効率が良い運動になります。

 

 

 

⇒ サプリメントが手軽に脂肪肝を改善できるのはなぜ?のページに進む

 

⇒ 脂肪肝サプリメントのTOPページに戻る